山吹味噌は、信州小諸で創業340余年。
上質な本物の味噌をお届けします。

オンラインショップ
山吹のたより

山吹のたより

2020.06.08

お味噌の効用

 新年を迎えてほどなく、最初のうちは中国国内だけで起きていたことのように感じていたものが、だんだんと広がりを見せ、そのうち気が付けば、世界は新型コロナウィルス感染症の脅威にさらされて、4月からは強制的に世の中の活動が停止させられたような状況になってきています。夏のオリンピックも延期になりました。
 微生物の中でも最も小さなものとして分類されるウィルス属にこんなにも混乱させられるとは、誰も予想をしなかったことだと感じています。こんな時だからこそ、ご自身や家族の健康に思いを馳せ、どんな食生活が望ましいのかに関心を持っていただければと願い、みそ作りにとって一番身近なもの、良く知られているお味噌の効用をまとめてみました。

  1. みそはガンのリスクを下げる
    • 1日3杯以上のみそ汁で乳ガンの発生率が40%減少(厚生労働省研究班)
    • みその塩分は胃ガンを促進しない(広島大学・渡邊敦光名誉教授)
    • 喫煙者が毎日みそ汁を飲むと死亡率は低下する(国立がんセンター・平山雄博士)
  2. みそは生活習慣病のリスクを下げる
    • みそは脳卒中、痴呆症、心臓疾患などの発症を低下させる(大妻女子大学・青木宏教授)
    • みそ汁のある食事パターンが骨粗鬆症に効果(㈶癌研究会付属病院・陳瑞東医長)
    • みその褐色色素が糖尿病の改善に期待される(女子栄養大学・五明紀春教授)
  3. みそは老化を防止
    • 醗酵によってみそに老化制御機能が生まれる(東京農業大学・小泉武夫教授)
    • みそは熟成過程で抗酸化力を高める物質が生まれる(東京大学名誉教授・加藤博通)
  4. その他の研究
    • みそには血圧低下作用を持つ物質がある(食品総合研究所・河村幸雄室長)
    • みそには美白効果がある(食品総合研究所・新本洋士主任研究員)

そして今、新型コロナウィルス感染症の対策として「免疫力を高める」ということがさかんに言われるようになりました。
<免疫力とは、人の体に本来備わっている自然治癒力で、身体の中の自分とは異なる異物を認識し排除する力です>と説明されていますが、数値的な指標が定められているものではありません。
これは、以前より紹介をさせていただいている秋月辰一郎先生の書かれた「体質と食物」の[体質]とも共通するもののようにも思いますし、醗酵食品を多く食べることで、腸内菌叢が活性化し、腸内の善玉菌が増えることで食べ物などと一緒に侵入してきた有害な細菌類やウィルスをブロックして体内に吸収させない仕組みが働いて健康を保つことにも繋がる醸造の恩恵です。免疫力アップにも役立つ味噌汁を毎日ご愛飲、そして味噌を使った料理を沢山ご利用ください。

秋月辰一郎先生
秋月辰一郎先生
体質と食物
体質と食物

 

バックナンバー