山吹味噌は、信州小諸で創業340余年。
上質な本物の味噌をお届けします。

オンラインショップ
山吹のたより

山吹のたより

2019.06.01

新包装工場 その2

弊社はどの現場においても清潔をモットーにしてきました。生産を開始した包装工場では、さらに清潔な環境の下で製品が作られるための工夫を採用しました。今回はゴミ・異物を包装場に持ち込まない仕組みについてお話しします。

作業者は着替えをし、専用の履物に履き替えてから、粘着ローラーでユニフォームの付着物を取り除き、最終の仕上げに一人ずつエアシャワーと呼ばれる装置を通り、身体に付いたホコリを吹き払って作業場に入ります。この装置は、ミクロレベルの細かなフィルターを通して作られた清浄な空気を全身に吹き付けて、チリやホコリなどを除去する装置です。この関所を通らないと仕事場に入れない構造です。

人だけでなく、製品になる味噌も、1トンのタンクごとに除塵のエアシャワーが用意されています。人と同様、入口の関所をパスしないと場内に入れられない仕組みです。副資材にあたる包材も、はじめにダンボールごとエアシャワーを通し、次に充填の室内に持ち込む時にはダンボール由来のホコリを持ち込まないため、ポリ袋に入った本体だけをダンボール箱から取り出し、パスボックスと呼ばれている引き渡し専用のエアシャワーを通して包装作業場に持ち込むことにしてあります。最終製品の入るダンボール箱もシート状で入荷したものを箱に組み立てる前にエアシャワーを通しています。

( M・T )

バックナンバー