山吹味噌は、信州小諸で創業340余年。
上質な本物の味噌をお届けします。

オンラインショップ
山吹のたより

山吹のたより

2020.03.18

給食メニューで貧血改善─レバーの味噌ケチャップあえ

レバーの味噌ケチャップあえ

立ちくらみしませんか?自覚はないのに健康診断で貧血と指摘された!?
症状ある方も、そうでない方にもぜひおすすめしたい給食メニューがあります。

レバー料理が苦手な方にも
子どもが学校から帰ってくるなり「作って!」と言って見せてくれた給食メニュー名が「レバーの味噌ケチャップあえ」。給食は管理栄養士さんが子どもたちのために考えてくださる最良メニューです。そしてレバーは栄養的に、特に貧血対策にベストな食材。でも子どもたちは正直ですから、美味しくなければ残す。あるいは無理にでも食べさせられる(嫌々食べたものは体によい働きはしないと言われています)。そんななか、味噌ケチャップ和えのレバーはリクエストがかかるほどのおいしさということでレバー料理が苦手なアナタも試してみる価値アリです。

レバーの臭みを消し、栄養価も高くする味噌の味付け
レバーが苦手な人は、素材の見た目、最初に食べたときのにおい・舌ざわりなどがよくなかったのでしょう。その点、この料理はレバー好きには邪道かもしれませんが、油で揚げたり味噌とケチャップで味付けすることでカモフラージュ(!?)ならぬ相乗効果を上げています。
お味噌の栄養価については山吹味噌リピーターなら既にご存知ですよね。

どのお味噌が合う?
普段お使いのお味噌でどうぞ。強いておすすめするなら、〈黄金〉〈赤つぶ〉〈玄米〉は油料理にも存分に使えて、高温料理しても風味が生きています。
ぜひご家庭でも作ってみて、健康に役立ててください。

給食レシピ(再現)

●レバーの味噌ケチャップあえ

【材料】

豚レバー、ショウガ、醤油、酒、片栗粉
タレ(味噌、ケチャップ)

【作り方】

  1. 豚レバーを食べやすい大きさに切り、すりおろしたショウガ、醤油、酒で下味を付けます。タレの材料は混ぜておきます。
  2. 下味を付けたレバーに片栗粉をまぶして揚げます。
  3. 揚げたレバーにタレをからめれば出来上がり。

*レバーを切った後に湯通しすると臭みが抜け、調理もしやすいです。鶏レバーの場合は揚げずに焼き色が付くよう炒めましょう。

バックナンバー